姫路市で生命保険の見直し・相談・分析をするなら【トラストファイナンシャルプランニング】

ブログ

トラストファイナンシャルプランニング ホーム > スタッフブログ >  カテゴリーアーカイブ: 投資関係
カテゴリーアーカイブ: 投資関係

新しい勉強会

前回、当社の「小さな勉強会」の参加メンバーで
「株式投資の継続勉強会」をすることになった。

月に一度集まって、各人の持株の分析をする。
購入理由や、利確のメド、同業他社との比較などを
事業内容、チャート状況など含め色々話し合う。

今回は、特に先日の暴落時のみんなの状況を話合えるし、
前回、名前が出た銘柄の社長分析も伝える。

「小さな勉強会」と同じ2時間枠だが、絶対足りないと思うので
時間調整も今後検討していかないといけない。

お客様ですでに株取引をされている人は
四季報持参で参加してもらっても良いと思っている。

中には日時の都合がつかない人や、事情で株投資から遠ざかる人もいると思うが
こういう勉強の場所が、常に近くにあることが貴重だと思う。

明日が初回なので、また経過報告ができればと思う。

岩田でした(*゚ー゚*)

リラリラ

リラの暴落がとりあえず一段落している。

私は、リラは過去に取引したこともあるが、スプレッドも大きいし
当時はあまりに値動きがなかったので取引通貨から外した。

スワップ目的で取引(というか保有)している人が多いとのこと。
当然ロング保有なのだから、今回の下落はさっさと損切りしていないと
大変な損失になっているだろうと思う。

トルコに巨額融資している国があるので、
破綻すると世界情勢も大変なことどころではすまない。
リラもどこかで下げ止まるだろうと思ったけれど、
どこが底値かは誰もわからないので、それは後付け論なのだ。
16円で泣く泣く損切りをしたと、ツイートで見た人もいるが
それは底値当たりで、今は18円まで戻っている。

そういう場合、損切りしなければ戻ったのにと思ってしまうのが心理だが違う。
損切りするならもっと早くしないと意味がない。
特に今回のようなファンダメンタルの下落は、退場する前にさっさと切らないといけない。

早めに損切りすることで、資産は残り、また取引することができる。
でも、それができない人は、資金とメンタルを壊していく。
当初の目的の(ささやかな)スワップのことなど忘れて、
自己資金がもどりますようにと祈るだけになる。

投資のリスクをヘッジできるのは、自分だけだということが
わからず祈る人は、最初から投資を勉強しなおす方が良いと思う。

岩田でした(*゚ー゚*)

株式投資

今月の当社の『小さな勉強会』のテーマは
「投資信託」と「株式投資」で3回継続勉強会です。

「株式投資」では、3回目に参加者の個別銘柄分析をしますが
その参加者で勉強会が終わった後も、任意参加で集まって
定期勉強会をしていこうと思っています。

私も色々投資運用をしていますが、誰かと定期的に
情報交換をするのは、とても勉強になります。

でも、そんな勉強会などの情報はなかなか無くて
近場で見つけても、投資セミナーという名で保険販売が紐づいていたり
マルチまがいのセミナーだったりします。

今回の勉強会では、参加者は投資経験者に限定させてもらいましたが、
理由は、勉強会の時間的なものもあり、ファンダメンタルの指標(言葉)が
わからないと、次に進めないと思うからです。

でも、投資未経験者の方でも、積極的に勉強をしていきたいと、
自分で現在進行形の方は、一度連絡をいただけたらと思います。

岩田でした(*゚ー゚*)

よくある質問

『小さな勉強会』の投資コーナーを開催していると、
よくある質問の一つが「何で勉強したらよいですか?」というもの。

まず、本とかセミナーとか、と話すと
「どんな本を読めばいいですか?」「どのセミナーに行けばいいですか?」となり、
初心者向けの本や、証券会社のWEBセミナーを案内したりするが、

では、自分の場合はどうだっただろうと思いだしてみると、とにかく本を読んだ。

イオン姫路大津店で勤務している時は、2階に書店があるので、よく本を探していた。
あとはAmazonのレビューを見て購入したり、ネットで検索したり。

教科書的な本から、有名なトレーダーやアナリストが書いた本を読んで、
次にその著者が書いているブログはないか?探して読んだ。

その途中で違うトレーダーのブログを見つけたらそれも最初から読む。
本やブログは人柄が出るので面白かった。

そして、自分の腑に落ちる本やブログの著者がセミナーをしていると、
開催地域が近い神戸や大阪に行って参加した。

チャートの見方も人によって違うので、
自分の目で見える有効性を何度も検証した。
その時間の中で、自分に合ったトレードスタイルを精査していき、今に至る。

誰かに「どんな本を読んだらいいか?」とか聞かなかったし、
どのセミナーに行けばいいかは自分で決めてきた。

投資を続けていく際に必要なのは、『自力』だと思っている。

岩田でした(*゚ー゚*)

コインチェックから入金

前回、暗号通貨の記事
損切りではない(暗号通貨)

を書いた後で、コインチェックのNEM(ネム)流出事件が発生した。

私もNEMを購入しており、差益でXRP(リップル)も購入していたので唖然茫然。
情報が入れば入るほど、コインチェック社のセキュリティの甘さが露呈する。

暗号通貨は、やはりまだ脆弱な市場なんだ。
いやいや、これは取引所の問題なんだ。
と、思考はぐるぐる廻るけれどもうどうしようもない。

お笑い芸人の多大な損失の記事をはじめ
あちらこちらでの阿鼻叫喚で、多くの(素)人が暗号通貨取引をしていたんだとわかる。

コインチェックではビットコイン以外の通貨取引は凍結されていたので
私のXRPは悲しいことになっていた。

その後、コインチェックは賠償をしたが
それにしても桁違いの賠償額を支払ったのはすごいが、
暗号通貨ってどれだけ利益が出るんだろうとみんなが思った。

3月12日に、NEMの88円補償で入金されてきたので
とりあえず全出金して頭を冷やして、今後取引所を再考する。

暗号通貨には、よくわからない通貨もあるし詐欺も多い。
ブームに乗ってマルチ案件も増えている。
私はマルチはその仕組み上、大嫌いなので関わらないが
当社のお客様にもそこに関わってほしくないと思っている。

暗号通貨自体は、テクニカルもファンダメンタルも関係なく動くので、投資ではない。
でも、その特性上無くなることはないので、
今回の体験談は「小さな勉強会」で話そうか検討中。

岩田でした(*゚ー゚*)

当HPでは、インターネット上で契約手続きが可能な取扱商品のうち、商品の取扱実績等を踏まえ、当社の経営方針により選定した商品をご案内しております。

ほけんの木
株式会社トラストファイナンシャルプランニング
ほけんの木

〒670-0947
兵庫県姫路市北条1丁目113番地
ミヤビビル1F
TEL:079-280-3200

ほけんの木は株式会社トラストファイナンシャルプランニングが運営しています。

SL13-5220-0010